スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSPをつかってロケフリ。そしてPS3を赤外線で操作!前編

ヘイホーです、一ヶ月たってしまいましたが
予定どおりにPS3をロケフリ経由で操作する方法を紹介しますぜ。

必見!赤外線でPS3を操作してできることをこまかく長~く語ります。


さてさて、ロケフリをいきなり語っても困ると思いますので、
軽く、簡単な歴史とロケフリの説明を。(それでもわかんなきゃぐぐれ!)

ロケフリとは、ロケーションフリーのことで、一昔前は
家内におけるワイヤレスディスプレイとして使われており、
映像出力に長けてたソニー製品の1つです。
詳しくは細かいことかいてるWiki先生におしえてもらってくださいね。

そして、インターネットで繋げて映像をみるロケーションフリー
PK-1が登場。ソフトとステーションにより、無線付きパソコンで
自宅から本体のロケフリステーションにつなげてみるものです。
149.jpg
↑これはLF-PK20です。PK1の高機種でクライアント機能とかあるようです。

無線LANでWi-Fi環境も整う優れものでして、一番の魅力である
「海外からの映像出力」には海外出張では大活躍となります。

海外だけで日本のテレビ映像が見れる!それは日本の国内でも
みることができます。まぁ大抵今の時代では無線LANならどこでも
見れます。山奥の合宿先、仕事場所、モバイル契約でも行けます。

さて、そんなソフトも不要で見れる最強機械があります。
それがPSPです。PSPには最初からロケフリの機能があります。
150.jpg
よって、PSPとステーションさえあれば準備が整えます。

PSPの使い道が今やおでかけ転送などのプレーヤーとして
いまでも現役であるPSP。2015年3月に生産終了しますが
その使い道はいまでも無限大でありますな!感激!!

ロケフリをえらんでステーション側で設定、自宅での
使い道ならLANケーブルは接続不要でいけます。

ロケフリの構図
151.jpg
リモコンには赤外線のIRシステムが必要です。ハードオフにいけば
あると思いますが、なければ自作でもいけます。

HDDレコーダー→ロケフリ→PSPという組み合わせで
PSPで操作してロケフリのIRで赤外線に送信、HDDレコーダーで
操作という流れをします。映像は約3秒遅れできます。

画質に不満がある方は後継機のLF-PK20をお勧め。
まぁ接続性と便利性ではすぐれてますが、ほとんど同じです。

ロケフリの説明はここまでにしましょうかね。ではいよいよ
LANをつなげてPS3を操作までのことを説明しますね。

と、そのまえにこの行為、意味あんの?と言われそうなので、
なぜ行うかを軽く説明しますね。ここを読めば、納得いくかな?

「( ̄◇ ̄)リモートプレイあるからいいっすじゃないか」
PS3はリモートプレイがありますよね。PSP越しで
操作することはできますが、いまいち設定がめんどいし
つながらないし、暴走しますしいまいち安定しません。

わたしの感想なんですが、接続が数回しか成功したことないんで
信用してないです。自宅では大活躍ですが、大きく違う
部分があるのです。PSPでのAV出力は強制的にしめて
しまうんです。トルネでAV出力はできそうですが、できません。
おそらく著作権なんちゃらの防止にちがいない!?

なにしろPSPに著作権映像の出力はできませんからね。
なのでトルネをリモートでみれても、自宅外では無理です。
インターネット越しではみれません。残念ですね。

しかも自宅でも使えるのはトルネ地上波のみ、ナスネは無理ぽ。
リモートでは予約しかできないことですよ。不便だああ。

見て消すのがほとんどのトルネ。しまったああ、おでかけ
しわすれたよ~。うおおお、リモートでみれねええええ。

なんて経験した方いますよね、わたしもそうでした。

なの~~~で、おなじPSPで外出でも見れるようにしようという
目的におおきく出番がきますね。では準備を。
CYBER・リモートコントローラ
152.jpg
これがなければはじまらない。PS3を赤外線に操作するために
必要です。言っときますが、赤外線で操作することが目的ですよ。
153.jpg
ついでにリモコンは確認用です。PS2のリモコンでもいけます。

PS3にぶっさして操作確認。ホームボタンも対応してる
やすいリモコンを操作したところでPS2のリモコンも確認しましょう。
154.jpg
PS3はAVケーブルで出力し、ロケフリに接続します。
IRシステムで方向はPS3のUSB、赤外線につなげます。
このとき、HDDレコーダーも操作するであれば、位置は2つとも
反応するところにしましょう。下の写真はHDDレコーダーによる接続例。
155.jpg
PK20は出力がつきますので、ロケフリ側の出力をそのまま外部入力できます。

ロケフリの入力2にHDDレコーダーを時間設定。切り替えて入力1にし、
PSPのトルネを自動更新やら事前の番組を録画しに起動したのを
タイミングに戻るボタンで操作。これでPS3を操作する画面を録画できます。

ですが、これはPS3での操作。PSPでリモコンの設定がないと動きません。
PSPでロケフリを起動し、ロケフリの接続を済まし、リモコン設定で
PlayStation→PS2で設定します。これでPS3が付いたときに
戻るボタンをおして、PS3のホーム画面がでたら、操作しましょう。

できましたか?PSP越しで反応がみれたら赤外線操作が完了です。

し!か!し! 見た目はPSPをPS2で操作するかのように
便利そうなんですが、実はリモコンの反応がおおきく違います。

〇とか、×とか□、△は反応しません。十字以外はすべて
別のボタンでの認識になります。不便だけど、なれましょう。
わかりやすく、PS3の青歯リモコンとPS2リモコンの比較写真を。
148.jpeg
簡単に使うんであれば、
〇が決定、×が停止、□がTITLE、△がDISPLAYであります。

大元これでトルネの操作はできますよ。再生はもちろん、
停止に削除、予約だってできます。数字キーは0以外反応しません。

さて、目的となる外出でのPS3トルネの視聴ができたんですが
すっごい大事なことが抜けています。そうです、ホームボタン!!

これが一番の注意ポイント。トルネは起動できてももどるには
ホームボタンがないのです。つまり、決定したアプリケーション
あるいはゲームも戻ることはできないんですよ。

どうすればいいのか!?赤外線でPS3の後編に続きます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヘイホー

Author:ヘイホー
RETRO OFFにようこそ!
当サイトは
HARD OFF、BOOK OFF、
Off Houseなどのリサイクル店、
ゲーム全般、レトロな物の紹介
などをおこないます。
あのとき使っていた家庭用製品
をもう一楽しんでください。

当サイトの兄弟ブログにて
「BLOG OFF」も書いてます。
こちらもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。