FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドラえもん のび太と3つの精霊石」をプレイしてみた。Part3

ひさしぶりの更新にすいません。
おまけ的なブログでして、更新や作業で後回しでしたが、ようやく
すすめられます。

さてさて、ひさしぶりにドラえもーんをしましょう。

030.jpg
最初のコース。名前がなんだっけ。分からないけど、先にすすみます。
こちらの画像はだいぶ中盤まで進んだ感じの様で。行く手にうさぎが邪魔します。

見た感じに無害なうさぎちゃん。でも、こいつが襲いかかってくるんです。
ドラえもんの漫画にも出てこない感じの敵ですな。んで、こいつの対処方は…。

031.jpg
踏んづける。これでよし・・・。

んなわけねーだろ。と思うんですが、現在のドラえもんにはジャンプとしゃがむしか
できない訳で、唯一の手段の「石頭」をつかうんではなく、踏んづけるとは…。

昔、小学生のときに「ドラえもんの身長以上に大きくなる」ということで、
ドラえもんの身長が129.3kgだったような気がします。んで、体重も一緒なので、
うさぎは129.3kgの重さで踏まれているんですね。

うさぎ、マジでかわいそう…

悲しきうさぎの最後の運命は、あんなポンコツたぬきに129.3kgで踏まれてしまうとは。
ゲームの設定を考えた人はどんな気持ちで作ったんでしょうか。

032.jpg
進む道先にはなんと「空気砲」をゲット。ドラえもんの腕に変な玉が発射さえて
敵を撃墜できるようで。テントウムシをを撃墜するぜ。撃ってみるぜ。発射~033.jpg
!?なんだ。こいつ。よけやがるぞ。凄い速いぜ。

画像からしちゃ、外しているように見えますが、めっちゃこいつよけやがるぞ!

うさぎはアホにあたるんですが、このてんとうムシは当たらない!なんだそりゃ。
あれか、原作のてんとうむしコミックスなめんじゃねーっていうことなのかな。

プレイ進むと先には空中に浮かぶ島に到着します。(落ちると最初の方に戻る)
ついた先にはドデカイたぬきが待っていました。034.jpg
なんだ。ぽん太さまって。なんで「太」だけ漢字があるんだよ。なんで縄張りに
のっただけであらすことになっているんだよ。といきなりボス戦に突入。

戦い方は、単純に玉を腹に当てるだけ。真ん中に撃てば良し!単純ですね。

ぽん、ぽん、ぽん。たまに挨拶してからのジャンプがウザイ。こりゃ、てぬるい!
035.jpg
あっさり勝利しました。こいつ、左右の腕とか使えよ。

そんなポン太は悔しそうに負けを認めずに「おぼえてろー」なんて言って
ボスに勝つ。そのあと、ポン太はジャンプして帰るのかなと思ったら…

036.jpg
!!!!!☆大爆発☆!!!!!!

うおおおい。一体どうゆう事なんだよ。たぬきが「おぼえてろ」とか言って
自爆しやがったぞ。(意味不)これ、子どもにやらすゲームなのかよ。

マリオ64以上(異常)に派手な演出で、ジャック豆をゲットしました。
037.jpg
やぁったぁ~~~(のぶ代の声で)

そして、この顔である。爆発でももろともせずにこんな笑顔をみせるドラえもん。
こいつ…何奴だ。たぬきどうしの殺戮は武器を構えた方が有利のようで・・・。

異常。以上!ステージがやっと一回クリアしたよ。もう他に突っ込みたいところが
ありまくって、「これはドラえもんなのか」と少し疑問に思いました。

次回は次のステージにレッツゴーです。part4へ続きますぞ。→part4
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

てんとうむしコミックスw久しぶりに聞きましたねその名を。
それにしてもタヌキ同士の殺し合いとは・・そして謎の爆発w
思った以上に異常なソフトなのかもしれませんね・・色んな意味で気になります。

No title

<はかせ30号さん>
確かにこの時点ではなんかドラえもんじゃなくてもよくねって感じがします。でも、なんかおもしろおかしいのでこのまま続けていきまっせ。
プロフィール

ヘイホー

Author:ヘイホー
RETRO OFFにようこそ!
当サイトは
HARD OFF、BOOK OFF、
Off Houseなどのリサイクル店、
ゲーム全般、レトロな物の紹介
などをおこないます。
あのとき使っていた家庭用製品
をもう一楽しんでください。

当サイトの兄弟ブログにて
「BLOG OFF」も書いてます。
こちらもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。